ママコーデ+ > フォーマルの豆知識 > ブートニア、コサージュピンの着け方・留め方

ブートニア、コサージュピンの着け方・留め方


kosa

コサージュピンの着け方・留め方について

 

フォーマルで使うコサージュは、たいていの場合安全ピンが付いているので、ワンタッチで付けられて簡単ですが、生花のコサージュやブートニアの場合は、コサージュピンでとめます。

 

コサージュピンとは、一本の細いまち針のようなピンです。

 

 

コサージュピンは、しっかり留めやすいのがメリット

生花のコサージュやブートニアは、結構重みがあるものが多く、安全ピンではきれいとめられない場合が多いからです。また、「茎」に長さがあるデザインのコサージュは、コサージュピンの方がとめやすい事もあります。

実はコサージュピンが一番融通が利き、コサージュの形状にあわせてしっかり安定して服に固定できるアイテム。

 

コサージュピンの留め方(動画)

コサージュピンの針の先端が内側にくるよう体の腕側から

小さくつまんで一回挿し

コサージュの脚(茎部分)を挟み込むように

もう一度挿します。

ブートニアの付け方(動画)

新郎が付けるブートニアも、コサージュのピンの留めかたと同じ要領です。





キーワード