ママコーデ+ > 入学式・入園式 > セレモニースーツの選び方(30代40代母親)

セレモニースーツの選び方(30代40代母親)


ceremonysuits入学式や入園式、卒業式や卒園式、そして結婚式およばれなどセレモニーにスーツスタイルは不可欠。

フォーマル服を選ぶ際の皆さんが気になることは

おしゃれにコーデしたいけど、周囲から浮いていないか?

という心配に尽きると思います。

フォーマル服で失敗しないコツは、着用目的(TPO)を考える事が一番です♪

行事が続く場合の、「着回し」を考える際にも、TPOを押さえつつアレンジすると失敗しません。

入学式・入園式のママスーツ

入学式入園式は、子供の入学入園をお祝いする学校行事・セレモニー。そして季節は清々しい春です。

付き添うお母さんは、明るく春らしい雰囲気の服装をすると失敗がありません。

入学式・入園式は、パステル系やアイボリー、ベージュの明るい色のスーツが人気です。明るい色が苦手なお母さんなら、グレーやネイビーがおすすめです。

 

卒業式・卒園式のママスーツ

卒業式・卒園式は、子供の卒業卒園をお祝いする行事ですが、一方で「卒業証書授与式」「恩師や友とのお別れ」という側面もあります。それなので同じ学校行事と言えども、入学入園式とは雰囲気が変わり厳かな雰囲気です。

それなので、保護者は黒などのダークスーツを着用することがほとんどです。お祝い行事なので、華やかさをプラスすることも忘れずに。地域差もありますが、卒園卒業式はブラックフォーマルも着用可能です。

謝恩会のママスーツ

謝恩会は、お世話になった先生たちに感謝を伝える場です。卒業式卒園式とは違う日にするとは言っても、カジュアルな服装での参加はNG。かと言って大学や専門学校の謝恩会とは異なり、華美になりすぎない事が大切です。

 

謝恩会の親の服装は、卒業式ほどかっちりとした服は必要ありませんが、スカートやワンピ、パンツスタイルにジャケットを羽織ったきれいめスタイルは必須。色は、ネイビーや黒、グレーといった落ち着いた服装のお母さんが多いのが特徴です。ただし、謝恩会会場が「レストランやホテルが」という場合は、アクセサリーをプラスするなど、場所にふさわしいコーデが必要な場合も有り。

【参考関連記事】小学校・幼稚園の謝恩会のお母さんの服装

 

結婚式お呼ばれのドレスやスーツ

結婚式に招待された時の服装は、招待された会場にあわせてセレモニー感を出す必要あり。ブラックフォーマルの着回しは、地域差があると思いますが 最近ではめっきり少なくなってきているような気がします。

結婚披露宴や二次会のお呼ばれ服は、厚手のツイード生地よりもシャンタン、ドビーなど薄手の光沢素材の方がおすすめです。華やかさをアップしたい場合は、シフォンやレースなど透け感ある素材を取り入れるのも。

まとめ

  1. 1着のスーツをアレンジなしに、すべての場面で着まわす事は、なかなか難しいと考えた方がベター。
  2. 「着回し」を考えるなら、ジャケットやスカートが替えられるセットスーツがおすすめ。







キーワード