ママコーデ+ > ファッション・コーディネート法 > 50代の母親 入学式・卒業式・結婚式スーツはこう選べ 

50代の母親 入学式・卒業式・結婚式スーツはこう選べ 


女性は年齢を問わずセレモニースーツを着る機会があります。

 

50代になると、よほど恵まれているか、もしくは運動・ストレッチなどでメンテナンスしていない限り、若い頃と「体型」が違ってきます。

 

それなので、20代や30代のお母さん・ママが着てちょうど良いスーツがそのまま似合うかどうかは難しいところです。

 

とは言え、おばちゃん・おばあちゃん風のスーツは 絶対に合いません、それはさらに10年20年後の話。

 

 

子供の入学式や卒業式に50代の母が着て上品なスーツは、やはり似合うスーツです。

 

50代母親スーツ選び 気を付けるポイントは?

50代のスーツ選びで気を付けるポイントは3つ。

  1. スカート丈が短すぎないこと
  2. デザインが若すぎないこと
  3. スーツのシルエットのチェック

 

スカート丈が短か過ぎないこと

スカート丈が短すぎると「イタイ」となる可能性があります。

 

膝が全露出した上、膝上の盛り上がりがあるところが出てしまう位だと、短く感じます。

 

50代女性は、膝ちょっと下、もしくは膝が隠れるか隠れないか位のスカート丈が上品でおすすめです。

また、脚を隠したいとロングスカートを選んでしまう場合もありますが、長いと おばさんっぽくなってしまうので注意です。

 

デザインが若過ぎないこと

50代は20代30代が着て似合うデザインが、そのまま似合わない可能性があります。

50代は、流行そのまま取り入れたファッションではなく、「ひと工夫」をしてくれている服がおすすめです。

年齢にあっているブランドかの見極めは、そのブランドが起用しているモデルさんを見ると参考になります。 (お店の店員さんの「お似合いですよ」の言葉よりも信頼できるかもしれません)

 

通販でも、カタログやサイトのモデルさんの年齢層がとても参考になります。

 

スーツのシルエットのチェック

50代になると、結婚式や子供の入学・卒業など学校行事参加も何回か経験して、手持ちのスーツも結構あると思います。

 

子供の小学校の入学で着たスーツも、中学入学の頃には6年経っています。さらに3年後だったら9年です!

形が古くなっていると、野暮ったく見えますし、時代を感じる位古ければ年齢も感じてしまいます。

 

また、子供の成長とともに年齢も上がっています。若い頃に気に入って買ったスーツも、年齢的に似合わなくなっている事もあります。

 

着回しの際には、そのデザインが流行おくれになっていないか、若すぎるデザインでないか 注意が必要です。





キーワード