ママコーデ+ > 入学式・入園式 > 入学式スーツにコサージュは必要?色は何色

入学式スーツにコサージュは必要?色は何色


母親は、コサージュを付けた方がいい?

入学式や入園式、卒業式や卒園式の母のスーツ、コサージュは必要か迷うと思います。コサージュは、必ずしも付けなければいけないわけではないので、付けなくてもOKではあります。

でも、コサージュを付けるとセレモニー感も出ますし挑戦してみても良いのではないでしょうか。付けているだけで、新入学する子供の保護者という事が一目見て分かるコサージュは、いつ見ても晴れ晴れした感じで良いイメージでもあります♪

入学式・入園式のおしゃれママのコサージュと人気の色

入学式・入園式は、うれしいセレモニーです。ママもジャケットおしゃれなコサージュをしていたら、素敵です。コサージュは、絶対に必要というものではありませんが、セレモニーらしさが出てフォーマル度もアップします。

迷ったら春色コサージュ

入学式入園式のお母さんのコサージュとして失敗のない「おすすめの色」は、春色。入学シーズンは春の4月です。春を思わせる淡い優しい色合いが季節感も出て素敵です。
具体的には

淡いピンク系・ホワイト系、アプリコット(オレンジ系)
がおすすめです。

淡い色のコサージュ

スーツと同素材や同系色のコサージュ

スーツやジャケットに共布で作ったコサージュや同系色のコサージュが付属しているケースもあります。特に、服地と同素材のコサージュは、きちんとした印象を受けます。ただ、その時も一応やぼったく見えないか、鏡の前でチェックしてみた方がベターです。

同系色・同素材コサージュコーディネートの一例

取扱い:RUIRUE BOUTIQUE

濃い色のコサージュ

また、濃いめ色のコサージュ”をと考えるのならば、これもバランスを見ることが一番です。濃い色のコサージュも、バランスが良ければとてもおしゃれに見えます。濃い色はおしゃれと、やぼったさが紙一重。鏡の前でのチェックが重要です。

ネイビー系コサージュのコーデの一例

取扱い:JewelVOX ジュエルボックス

コサージュは、おばさんくさくて似合わない?

コサージュがスーツに合わない、ダサいと感じる理由は、「バランスが合っていない」ということも。素材が重たい印象を受けるもの、大きさが大き過ぎるものの場合は、ダサく見えてしまう場合があります。また、付けている位置(※参照コサージュの付け方)による見え方も確認してみる必要があります。

コサージュが似合わないという方は、以下を見直してみて下さい。

  1. コサージュの種類・・・重たく見える素材や色を使っていないか
  2. 大きさ ・・・10センチを超える大きさだと重く見えがちです
  3. コサージュの付け方・・・左胸のトップバストよりも高い位置でバランスの良い場所を探す

 

それでも、コサージュはダメかもしれない・・・という場合は、小さなブローチピンにするという手もあります。

入園式・入学式子供のコサージュ

ちなみに、主役のお子様は 付ける事が多いです。

ただし、入園入学、卒園卒業どちらの場合も、子供のコサージュは 学校側もしくは卒対がまとめて購入し、お式当日に付けてくれることもありご家庭で用意する必要がない場合もあるので可能なら確認してみたほうがいいと思います。

幼稚園・保育園では、業者さんのコサージュではなく、先生やお母さん方の手作りコサージュなんて嬉しいケースもあります。みんなでお揃いのコサージュは、とっても かわいいものです。





キーワード