ママコーデ+ > フォーマルの豆知識 > 卒業式コサージュのきまり(色選び・付け方)

卒業式コサージュのきまり(色選び・付け方)


卒業式・卒園式ダサく見えないコサージュの色や選び方

 

卒業式や卒園式にお母さんが着るスーツは、基本的に黒やグレー・紺といった暗めの色のシンプルなスーツが多いもの。それだけでは、少し寂しくなりがちで、コサージュを付けようかなという方もいらっしゃると思います。コサージュは付けるだけで華やかになるのでセレモニーにぴったりのアイテムだと思います。アクセサリー感覚で付けられるのも良い点です。

卒業式や卒園式につけるコサージュの選び方や色、付け方には決まりがあるのでしょうか。ダサく見えないコツは?

一般的なマナーをまとめてみました!

卒業式フォーマルにふわさしいコサージュの種類

コサージュもカジュアルからフォーマルの用途に合わせて、色々なデザイン・素材のものがあります。卒業式や卒園式は、大切なお子様の学校の式典フォーマルです。フォーマルにふさわしいコサージュを選ぶのが原則です。

フォーマルにぴったりのコサージュは以下の種類のもの良いと思います。

お花の形やリボンからインスパイアされたコサージュ

フォーマルで使われるコサージュのほとんどが、お花をイメージしたデザインが多いです。お花以外なら、リボンをモチーフのものも見かけます。それ以外だと、「おや?」と目をひいてしまうかもしれません。

 

オーガンジーやレースなどシースルー素材の布製コサージュ

卒園式・卒業式は3月の春の行事という事もあって、布のコサージュならば、オーガンジーやレース、シルクといった薄く軽やかなシースルー素材がおすすめです。お母さんに、一番の人気がこのタイプのコサージュ。

スーツやジャケットと同素材の(共布)のコサージュが付いているような場合は、とても正式できちんとした印象になりますが、暗く重たい雰囲気にならないかチェックはした方が良いと思います。重く見えるコサージュは、古臭く見えてしまう場合があります。

 

また、おしゃれなコサージュであっても、革素材や麻、コットン素材のコサージュは、カジュアルな印象を与えてしまうので、フォーマルには不向きです。羽やファー素材も不向きです。

コサージュ取扱い:JewelVOX ジュエルボックス

プリザーブドフラワーコサージュ

卒業式・卒園式のコサージュとしてプリザーブドフラワーの可憐なコサージュも人気です。プリザーブドフラワーは枯れないので、そもまま入学式にも使えて便利ですし、とっておけるので思い出にもなります。

ただし、お値段がちょっと高いのが難点です。

フラワーデザイナーが作るプリザーブドフラワーコサージュ

取扱い:fleur studio SAKURA

生花コサージュ

優しい色合いの可憐な春の花を集めたコサージュは素敵です。生花コサージュは、作ってくれるお花屋さんに事前予約が必要です。お店にもよりますが、価格はだいたい1,500円くらいから。付ける当日に受け取りが難しいなら、数日前なら事前に受け取っておいても自宅で上手に保管が可能です。

手作りが大好きな方なら、自分で束ねて手作りするのも素敵です。自分で作れば1,000円以下で素敵なコサージュができます。

生花のコサージュの作り方です♪ご自宅で手軽にできます。

コサージュの大きさ

フォーマルのコサージュの大きさは、決まりはありません。けれども、大きすぎるコサージュは重たくやぼったく見えてしまいがちです。

具体的には、10センチを超えない それほど大ぶりではないサイズのものがおすすめです。10センチを超えるビッグコサージュは、主張も強く、重たく見えてしまいますので、あまりおすすめではありません。(お子さんが主役の学校セレモニーでは、さりげなさが好印象です)

卒業式や卒園式にあうコサージュの色

卒業式・卒園式にママが着るスーツは、黒や紺、グレーといったダークな色合いのスーツが多いです。

失敗しにくいおすすめは、春らしい優しい色合いです。具体的には、淡いピンク・アプリコット(オレンジ)・オフホワイト・淡いベージュなどです。

 

華やかなコサージュであっても、ラメが激しいものや、金・銀糸を使ったものも やぼったく・おばさんくさく見えてしまう事があるので注意が必要です。

優しげなホワイトのコサージュ

取扱い:Rakuten BRAND AVENUE

 

もし、濃いスーツの色合いに合わせて、”スーツと同系色”や”共布・同素材のコサージュ”をと考えるのならば、バランスを見ることが一番です。同系色のコサージュは、バランスが良ければ、とてもおしゃれに見えます。濃い色はおしゃれと、やぼったさが紙一重。鏡の前でのチェックが重要です。

ネイビースーツと同系色のコサージュの一例

服地と共布(同素材)のコサージュの一例

スーツと同系色コサージュは、上手くきまればとってもおしゃれに見えます。他のママ達と差別化が出来てしまうかもしれません(*^_^*)

コサージュのダサく見えない付け方

コサージュの付ける位置は、本来自由だそうですが、左が一般的。
人の視線は右に向けられやすいため、付ける人は「左側」に付けた方が視線を集めやすいからと言われています。

そして、付ける場所で、おすすめなのが トップバスト(胸)よりも高い位置。高めの位置につけると、見る人の視線が集まる位置が高くなり、すっきりとした印象になります。服のデザインによりバランスや制限もありますが、トップバストより高い位置で鎖骨くらいまでの間に付けると良いでしょう。 (※参照 コサージュの位置とバランス

鏡を見ながら調整してみて下さい。

ダサく見えないコサージュのコツ!

コサージュってなんかダサい、イメージが昭和だ・・・という印象を持っている方もいらっしゃると聞きます。コサージュがダサく見えるかは、コサージュのデザイン、選び方、付け方の複合要素で決まると思います。

コサージュで迷った時に確認する事項

  1. コサージュは淡い色合い(濃いめならバランスを考える)
  2. 大きすぎるコサージュは選ばない、迷ったら小さ目
  3. オーガンジーやレース素材といった重く見えない生地のものを選ぶ
  4. 付ける位置は胸より高めの位置

 





キーワード