ママコーデ+ > パール・真珠のマナー > 真珠・パールのサイズ(大きさ)と用途

真珠・パールのサイズ(大きさ)と用途


 

フォーマルで使うパールネックレスの粒の大きさ、理想的なサイズは?

f2ca96da839e2b761c933aaf7d475f79_s

フォーマルに万能と言われるパールですが、

お祝いの席で身に着ける「大きさ」にもマナーがあります。

ネックレスに合わせて付けるイヤリングやピアスも同じように考えます。

 

 

パールと用途

パールは、粒が大きければ大きい程、華やかさもアップ。しかし、結婚式やパーティーでは主役より目立ってしまうような華やかなものは避けなければなりません。お祝いの場であっても、入学式や卒業式等の学校行事も大粒のパールは使いにくいです。

そして、1cmを超えるサイズのパールは、喪(お葬式)では、使えません。

それなので、

一般的には、冠婚葬祭に重宝なパールのサイズは、直径8mm前後といわれています。
(首の細めな方は若干小さめ)

パールと年齢との関係

年齢を重ねると小さ目なパールは、似合わなくなり、年齢を重ねるごとに「大き目」サイズが似合うようになってきます。

年齢的に似合うと言われているパールのサイズが以下。若い方は小さ目のパールでも、清楚に付ける事が出来るのが真珠の特徴です。

20代・・・7mm~7.5mm

30代・・・7.5mm~8mm

40代・・・8mm~8.5mm

50代・・・8mm~8.5mm

60代以降・・・8mm超~9mm

これを基本に、首が細めの方や、華奢な方は-0.5mm 、大柄な方や背が高い方は、+0.5 します 。

パールは、結構なお値段のジュエリーです。一度買うと買い直しも、そうそう出来ません。

以上のように考えてみると、ずーっと使い続けられるパールの理想の大きさは「8mm越えのもの

と言えそうです♪

国産あこやパールネックレス(8ミリ)





キーワード