ママコーデ+ > 卒業式・卒園式 > 【卒業式】出席する母親スーツの基本

【卒業式】出席する母親スーツの基本


f2ca96da839e2b761c933aaf7d475f79_s卒業式の当日になって慌てないために押さえておきたいのが、「母親の服装マナー」。

卒業式・卒園式は子供が主役。でも、親は何でもいい訳ではないのが学校行事セレモニー。出席する親も式典に合わせた服装の方が気持ちがいい。

では、そんなスタイルがいいのか?

卒業式は、母親のスーツの色がポイント!

卒業式・卒園式のお母さんのスーツ、重要なポイントがスーツの色
お母さんは、黒や濃いグレー、紺(ネイビー)などダークな色合いのスーツを着ている方が多いです。それなので、入学式・入園式とは違い、ホワイトやベージュ等明るい色のスーツを着るととても目立ってしまいます。

そして、スーツのタイプは、ワンピースやスカートのスーツのお母さんが多数派。

パンツスーツは、少なめです。(小学校・中学校・高校と子供の年齢が上がってくると パンツスタイルの方も少し増えてくるような印象)

 

どんなデザインのスーツがおすすめか

黒や紺系のスーツが理想、どなるとどんなスーツが良いのか。

いわゆる「卒業式用スーツ」という決まったものはないので、お子様の学校の雰囲気に合わせて選ばなければなりません。伝統のある私立の学校の場合は、在校生の保護者からの情報が大切です。

自由な雰囲気の学校ならば、入学・卒業シーズン前の2月3月の時期にお店に並ぶスーツが、卒業式や入学式を意識したものが多いので、その中から選ぶと安心です。

国公立の小学校・中学校・高校におすすめスーツ

国立・公立の学校の卒業式は、ベーシックなセットアップスーツがあればOK。黒系や紺色という基本を押さえていれば、問題がありません。

黒系・紺系スーツの一例

画像提供:リオマル

自由な校風の私立小学校・中学校・高校

自由な校風の私立の学校の場合、基本的には公立校の場合と考え方は変わりません。けれども、私学の場合は保護者の学校との関わり方も濃密なケースも多く、母親が学校に行く行事が頻繁なこともあります。

それなので、エスカレーター式の場合など、卒業してもその上の中学や高校で、まだまだ学校との関わりが続く場合は、単品でも着まわせるものを賢く選んでいるママも少なくありません。

また、小・中・高と続いている学校では、メンバーの総入れ替えがないこともあり、全部の卒業式を同じ格好で出席する訳にも行かず、毎回買い替えを検討するお母さんが多いのではないでしょうか。

顔回りをすっきり見せるVネックノーカラージャケットの黒スーツ

icon

取扱い:ベルメゾンネット
icon
ノーカラーVネックのiconジャケットは、きちんと服からカジュアル服まで合わせやすいかなり使えるジャケットです。

 

伝統のある私立小学校・中学校・高校

エスカレーター式で大学まで上がる伝統校や、格式の高いミッション系の小・中・高は、校風を重視します。高校は、小学校や中学校の卒業式ほど厳密ではないことが多いです。

格式ある伝統校の卒業式服の一例

 

画像提供:HIROMI TAKEI

パンツスーツを着る場合

パンツスーツは、通勤服や事務服のような仕事着風にならないように、フォーマル感を出す工夫が重要です。最近では、ドレスパンツと言われるパーティーやフォーマルシーン向けのおしゃれなパンツも人気です。

ブラックフォーマル

いわゆる礼服。礼服の黒は、何度も染を繰り返した糸を使うそうで、普通の黒色とは異なり、かなり深い黒色です。

この礼服は、卒業式に着て行ってNGという訳ではないものの、最近は都市部ではほとんど見かけなくなってきています。

けれども、地域や学校によっては、卒業式や卒園式は礼服を着るもの・・・といういエリアもあるかもしれませんので、そのあたりは確認した方が良いと思います。

 

合わせる小物

インナーブラウスは

ワンピースを着る以外は、ジャケットの下にインナーとしてブラウスを合わせます。インナーブラウスの色は、「白」「黒」「ネイビー」が学校行事らしくシックです。出席したお母さんをぐるっと見回しても、だいたいこの3カラーのいずれかです。お好みに合わせてコーデしてみて下さい。

インナーブラウスによってスーツの雰囲気はかなり変わってきます。セレモニー感アップなら、インナーにフリルのあるものやレース素材、光沢のある生地などのものを選ぶといいでしょう。

 

バッグと靴

靴とバッグは、セレモニー感アップのための重要ツール。

バッグは、小ぶりな黒いバッグがおすすめです。

靴は、黒パンプスが一番合わせやすいです。

足元は、寒いからとタイツを合わせると重たい雰囲気になってしまいますのでNG。ナチュラルな肌色のストッキングを合わせるのが基本です。

小物(ネックレスとコサージュ・ブローチ)

卒業式のコーデに、ネックレスとコサージュは必ず必要という訳ではありませんが、「華やかさをアップしたい」「フォーマルっぽくしたい」という場合には、かなりのおすすめアイテム。

卒業式・卒園式などの学校行事に最適なのが、パールネックレス。

コサージュが苦手だわ・・・という方は、ブローチでもokです。

スーツを入学式と両方使いたいという場合

入学式にも兼用したい、という場合はジャケットだけ明るい別のものを合わせるか、入学式にも着られる色合いのスーツを選ぶ事がおすすめです。

完全に真っ黒カラーではないこのタイプのスーツなら、入学式にも着られます。





キーワード